面白いパスワードの作り方④―数字の語呂合わせを使う

「password」や「1234」などの定番のパスワードを使うと、簡単にハッキングされてしまいます。

そのため、パスワードにはアルファベットや数字、記号をランダムに組み合わせたものを使うのが基本です。また、可能な限りなるべ桁数の多いパスワードの方が安全性が高まります。

とは言え、ウェブサービスの中には数字しかパスワードに設定できないものもあります。

1234や1111、あるいは誕生日などの定番パスワードを使わないのは基本ですが、かと言って数字だけしか使えない場合、あまりランダムな組み合わせにしたからと言って、それほどメリットが大きいわけではありません。

重要なのは桁数だからです。

そこで、どうせ数字だけでパスワードを作るなら、語呂合わせで作った方が覚えやすくていいかもしれません。

“面白いパスワードの作り方④―数字の語呂合わせを使う” の続きを読む

面白いパスワードの作り方⑤―生年月日や歴史の年号を使う

数字4桁のパスワードがメインのパスワードになることはあまりありません。4桁の数字だけだと、どれほどランダムな数字を選んだとしても、総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)で簡単にパスワードを盗まれてしまうからです。

しかし、銀行口座の暗証番号は四桁の数字ですし、メインパスワードではないしても、二段階認証などで使われることもあります。

今回は数字四桁のパスワードを作るときのオススメの方法をご紹介します。

“面白いパスワードの作り方⑤―生年月日や歴史の年号を使う” の続きを読む