誰にでもできるパスワードを守る方法①―アルファベット、数字、記号を組み合わせたランダムなパスワードを使う

ウェブサービスなどのパスワードを設定する場合、簡単に見破られないような複雑で、ランダムなパスワードにする必要があります。

「password」や「1234」などの簡単なパスワードでは、簡単にハッキングされてしまい、大きな被害を被ってしまいます。

今回は、簡単にはハッキングされないようなパスワードの作り方の基本をご紹介します。

“誰にでもできるパスワードを守る方法①―アルファベット、数字、記号を組み合わせたランダムなパスワードを使う” の続きを読む

誰にでもできるパスワードを守る方法②―user名も複雑なものにする

ウェブサービスや管理しているウェブサイトのパスワードを設定する場合、「複雑でランダムなパスワード」にすることは基本です。

例えば、8桁のパスワードなら。

  1. password
  2. 0fda3-*e

①よりも②の方が圧倒的に安全なのは当然ですよね。

“誰にでもできるパスワードを守る方法②―user名も複雑なものにする” の続きを読む

誰にでもできるパスワードを守る方法③―二段階認証を利用する

IDとパスワードの二つとも複雑でランダムなものにすれば、それだけでもかなり安全性は高まります。

しかし、さらにセキュリティーを向上させたいのであれば、二段階認証を設定するという方法もあります。

“誰にでもできるパスワードを守る方法③―二段階認証を利用する” の続きを読む

誰にでもできるパスワードを守る方法④―同じパスワードを使い回さない

ID/ユーザー名も複雑なものに設定した。もちろん、パスワードはランダムで複雑な数字やアルファベット、記号の組み合わせ。

そして二段階認証も利用している。

ここまでやれば、絶対にという訳ではありませんが、安全性はかなり高いと言えます。

しかし、それでもまだ気を付けるべきことはあります。それは、「パスワードの使い回し」を絶対にしないこと。

“誰にでもできるパスワードを守る方法④―同じパスワードを使い回さない” の続きを読む